映画「バイオハザード」レビュー!レーザートラップはトラウマ必至!ネタバレ感想あらすじ

日本を代表する大ヒットゲーム

「バイオハザード」

そんなバイオハザードが、ゲームの世界観を残しながらオリジナルの要素を多く取り入れて、実写化されました。

実写化系は大体ダメなことが多いけど、このバイオハザード

結論から言うと『おもしろい!』です。

ということで、今回は映画「バイオハザード」のあらすじ感想をご紹介。

⇊ 以下、ネタバレ感想あり。まだ観てない方はご注意ください。

スポンサーリンク

映画『バイオハザード』あらすじ

映画バイオハザード あらすじ

■ ストーリー

アメリカの医薬品シェア90%を誇る巨大企業『アンブレラ社』

表向きは医薬品メーカーだが、その裏の姿は遺伝子実験や細菌兵器の開発などを行う『悪の企業』だった。

ある日、ラクーンシティにあるアンブレラ社の極秘地下研究所『ハイブ』で、研究中の細菌兵器T-ウィルスが漏れ出すバイオハザードが発生する。

発生と同時にウィルスが外部に漏れるのを防ぐため、研究所は封鎖。所員全員がT-ウィルスに感染して死亡した。

この事故を知ったアンブレラ上層部は、ハイブを制御する人工知能コンピュータ『レッドクイーン』が暴走しないよう特殊部隊をハイブに派遣して、レッドクイーンのシャットダウンを試みる。

その頃、謎の洋館の一室で記憶喪失の女性『アリス』が目覚めた。

自分が誰なのか、ここはどこなのか何も思い出せないアリスは辺りを彷徨う。

その時、突然現れた謎の男にアリスは捕まる。抵抗するアリスだが、突然窓ガラスが割れ、特殊部隊が突入してきた。

謎の男は制圧され、アリスは助け出される。

そして部隊長・ワンはアリスに『何があったか報告しろ!』と詰め寄るが、記憶を失っているアリスにはなんのことかわからなかった。

部隊長ワンは『記憶喪失はレッドクイーンによる防衛システムの神経ガスが原因だ』と言う。

そしてアリスはアンブレラ社の社員であり、任務のために屋敷に潜入していた特殊部隊員だと知らされる。

謎の男は『俺は警官だ!』と叫び、マット・アディソンと名乗るが警察のデータベースには存在していなかったため、隊員たちはマットに手錠をかけ同行させることにした。

隊員たちは『レッドクイーンをシャットダウンする』という任務を遂行するために、アリスとマットを連れ、地下研究所『ハイブ』へと向かう。

そこにはゾンビとなって襲い掛かる研究員、そして暴走する人工知能コンピュータ『レッドクイーン』との死闘が待ち構えていた・・・

スポンサーリンク

映画「バイオハザード」感想 ネタバレあり!

映画「バイオハザード」の記念すべき第一弾。

シリーズ物は初回がピークで、回を重ねるごとに微妙になっていくのが定番。

この「バイオハザード」もそんな例に漏れず、シリーズ化によって色んな矛盾が生じてきます。

でもこの第一弾は普通におもしろい!

ゲームの世界を再現しつつも、オリジナリティを出そうと奮闘した努力が感じられます。

僕が独断と偏見で選んだ見所をご紹介!

レーザートラップで隊長がサイコロステーキに!

映画バイオハザード レーザートラップ

バイオハザードシリーズ最大のトラウマシーン『レーザートラップ』

まんまとレッドクイーンの罠にハマり、レッドクイーンの部屋へつながる通路に閉じ込められた特殊部隊員。

そこへ唐突に現れる体がスパスパ切れちゃう恐ろしいレーザートラップ。

間一髪かわしますが・・・

映画バイオハザード レーザートラップ

女性隊員の首はスパッと取れちゃうし、男性隊員は指が4本イカれるという阿鼻叫喚の地獄絵図。

そんなパニック状態の中、またも発動するレーザートラップ

ジャンプして避ける隊員。でもレーザートラップにそんな小細工は通用せず、ジャンプに合わせて上にあがるという極悪使用。胴体がスパッとイカれます。

唯一、ワン隊長だけがギリギリかわすことに成功。(さっすが隊長!)

さらに発動するレーザートラップに身構えるワン隊長

映画バイオハザード レーザートラップ

ワン隊長「ふっ…激流を制するは静水…来るなら来い!」

映画バイオハザード レーザートラップ

 

\(^o^)/オワタ

 

映画バイオハザード レーザートラップ

 

映画バイオハザード レーザートラップ

 

映画バイオハザード レーザートラップ

 

ぎゃあああああああ!!

 

さようならワン隊長…もうこれでもかって言うくらいバラバラになっちゃった…。

衝撃的でしたね~

視聴者の心にトラウマを残す衝撃シーン『レーザートラップ』、必見です。

っていうかこれ結構序盤のシーンだけど、ここが一番盛り上がったのは内緒!

スーパー忍者キックでワンちゃんを瞬殺!

映画バイオハザード ケルベロス

ゲーム『バイオハザードシリーズ』ではお馴染みのワンちゃんゾンビ・ケルベロス。

もちろん映画にも登場しています。

大量のケルベロスに囲まれちゃったアリス。

絶体絶命のピンチですが、一匹ずつ的確にヘッドショットを決めていきます。

そんで最後の一匹は

映画バイオハザード アリス

忍者の如く壁を走るというアメージング!な助走からの~

映画バイオハザード アリス ケルベロス

 

普通の蹴り!!

 

色々ツッコミどころはありますが、迫力満点のシーンだったのでまぁいいでしょう。

アリスは忍者だったのね。(初耳)

リッカーの最期がオゴゴゴゴってなっとる!

バイオシリーズの人気クリーチャーといえば、そう!リッカーです!

ゲームでもこいつに初めて出会った時は衝撃的でしたが、映画でも相変わらずの無双ぶりを発揮しています。

ハイブから列車に乗り、無事脱出できて安心するアリスたち。

めでたしめでたし。

と思いきや

映画バイオハザード リッカー

べ…別に来たくて来たわけじゃないんだからね…!(ツンデレ)

映画バイオハザード リッカー

っていうかゲーム版よりでかいし!

『こんなん銃で倒せねぇだろ…』

と思ったアリスは、リッカーの舌に杭を刺して列車で引きずるという斬新な処刑法にトライ!

女は怖い!

映画バイオハザード リッカー

オゴゴゴゴゴゴゴ!

痛い痛い痛い!

 

映画バイオハザード リッカー

このまま引きずられ続け、燃えちゃうリッカー。

なかなか壮絶な最期。

なんだかちょっぴり可哀想ですが、これでめでたくエンディングとなります。

スポンサーリンク

映画「バイオハザード」あらすじ感想 まとめ

こんな感じで記念すべき第一回目の『バイオハザード』を観ましたが、基本的にゲームに忠実に作ってる感じ。

個人的には普通に楽しめたけど、好き嫌いがはっきりしそうな作品ですね。

大人気ゲームの映画化だけに、ファンの期待が大きい本作。

続編がめっちゃ重要になってきますね。

映画バイオハザードシリーズは全6作出ています。続編で期待を裏切ってしまうのか、それとも名作ができるのか。

今回の映画「バイオハザード」のフル動画が、今なら動画配信サービス「U-NEXT」で観ることができます!

U-NEXTなら

・バイオハザード
・バイオハザード2 アポカリプス
・バイオハザード3 
・バイオハザード4 アフターライフ
・バイオハザード5 リトリビューション
・バイオハザード ザ・ファイナル

の全6作品が無料で配信中!(※2019年10月現在の配信状況)

さっそくU-NEXTでバイオハザードシリーズを無料で観ましょう!

U-NEXT公式サイトはこちら⇊
U-NEXT 公式

U-NEXTの簡単登録方法はこちらをどうぞ!
・U-NEXTのかんたん登録方法をわかりやすく解説。無料トライアルの注意点も解説!

U-NEXT

映画バイオハザード あらすじ感想ネタバレ
最新情報をチェックしよう!