アメリカ軍が本気で作ったゾンビ対策マニュアル「CONOP8888」がすごい!

ウォーキングデッド

ウォーキングデッドを観たあとに必ず考えること

「もしもこんな世界になったらどうする?」

自分が同じ状況だったら、家族を守るためどんな行動をとるか?

これは誰もがする妄想ですよね。

でも、そんな妄想をはるかに超えた具体的かつ現実的な、「もしゾンビが世界に溢れたら?」を想定したゾンビ対策マニュアルがあるのをご存じですか?

その対策プランの名は

【CONOP8888】

といいます。

そして驚くことに、作成したのは世界最強の軍隊と呼ばれるアメリカ軍を統括する「アメリカ国防総省」なんです。

そもそも【CONOP8888】はカーネギー国立平和基金が発行するForeigh Policyが入手・公開してメディアに取り上げられ、大きな話題になりました。

それはこの防衛プランで想定されている敵が、ロシアや北朝鮮などの対立国ではなく、「ゾンビ」だったからです。

なぜゾンビなのか?

同文書によると実際の国を想定して作成した場合、実際のシナリオと勘違いされ、今回のように文書が流出してしまうと国際問題になりかねません。

そのため、あえて絶対にありえないシナリオを採用したそうです。

もちろん冗談で作ったわけではなく、現実に起きうる大規模な軍事作戦や未曾有の大災害に対する訓練用テンプレートとして、超本気で作成されています。

それでは気になる「CONOP8888」の内容を見ていきましょう!

スポンサーリンク

CONOP8888 その内容とは?

CONOP8888 内容

まずバイオハザード(非常事態)が発生した時に取るべき作戦行動について

・構想
・予防
・主導権奪取
・制圧
・安定化
・文民への権限委譲

という6つのフェーズ(段階)に分けられています。

そして、それぞれをさらに

「防衛方法」
「攻撃方法」
「文官援護」

の3つに分けて細かく定義しており、非常事態の発生から状況を予測、それに対する対処法、そして終結に向けてどのような行動を起こすべきか明確にまとめられています。

次に基本計画として、バイオハザード発生時に想定される状況での作戦遂行、重視して防衛すべき施設、優先して維持すべき社会システムが具体的に細かくまとめられています。

具体的には

・ゾンビとの戦闘方法
・武器の選定
・病院などの重要施設がゾンビに襲われた場合の対応策
・発電所などの重要なインフラへ遠隔操作が可能なロボットを配置する

など、かなり現実的な内容となっています。

とにかくひとつひとつが細かく書かれており、ゾンビが発生した原因も病原体、兵器利用、寄生菌、放射能など8つに分類する徹底ぶりです。

中にはこれは冗談だろ?というような内容のものもありますが、国防総省は「決して悪い冗談ではなく、合理的な理由がある」と主張しています。

米戦略軍の報道官、クンツェ海軍大佐は

「文書は軍内部の演習で使用される訓練用ツールとして認定されている。訓練生が架空シナリオを通じて、軍事計画や治安・秩序の発展に関する基本概念を学ぶ」

として、訓練用のテンプレートであるとしています。

もちろんこの作戦プランは軍隊目線で作られたものですので、いかに作戦を遂行するかが主な目的となっています。

しかし、水や食料の維持方法やゾンビとの戦闘方法、有効な武器など、僕たち一般人にも役立つ情報がまとまっています。

ゾンビの想定じゃなくても、大規模な地震や災害時の行動でも非常に役立ちます。

災害時にどのような行動を取るべきか、普段から意識しておくことが大切ですね。

かつては米軍の極秘ネットワークにあった「CONOP8888」ですが、今ではWEBで公開されていて誰でも読めます。

もちろん全文英語ですので、英語に自信のある人はぜひ一度読んでみて下さい!

⇒【CONOP8888】

スポンサーリンク

アメリカ軍ゾンビ対策マニュアル CONOP8888
最新情報をチェックしよう!