ブログの口調や文体は何がいい?「ですます」「である」「話し言葉」最強はどれだ!

まだブログの方向性やキャラが定まっていない初心者ブロガーの頭を悩ませるのが

「ブログってどういう口調がいいの?」

という問題。

まぁ結論から言うと

 

好きに書けばええやん。 完

 

これだとここで記事が終わってしまうので、もう少し書かせてください(笑)

ブログって、己の主張を書きまくる超自己中心的メディアなので、自分が書きやすいように書けばいいと思うんです。

どんな文体や口調で書こうと、SEOやアクセスには一切関係ないので自由に書けばいいんですが、もちろんそれぞれの口調にはメリット・デメリットがあります。

今回はブログの口調を選択するうえで、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

それでは行ってみましょう

ヒィ~ウィゴ~!

スポンサーリンク

ブログの文体・口調の種類

勉強する子供

ブログの口調で代表的なものは

「~です。~ます。」などの敬体、「~だ。~である。」の常体、さらにもっとフランクな感じの「話し言葉」の口語もあります。

この口調によって、同じ内容の記事でも全然違う印象になりますよね。

例えばお正月の挨拶で例えると

「あけましておめでとうございます」

「あけましておめでとうなのである」

「ちょりーーーーっす!」

ちょっと例えが悪いですね。これだと「ですます口調」が最強で、あとはポンコツです(笑)

お正月の挨拶は「ですます口調」一択ですが、ブログはどんな表現でも自由です。

「あけおめ~」みたいな軽い感じでも、そのブログに合ってるキャラクタ―だと読み手は意外とすんなり受け入れてしまいます。

僕も「ブログの口調はどうしたら読み手に響くのか?」といつも悩んでいました。

人それぞれ受け取り方は違うので、正解はないんですが、それぞれ比較していきましょう!

「ですます」 丁寧な印象の反面、文が単調になりがち?

まずはこれ!おそらくこれがもっとも一般的なブログ口調ではないでしょうか?

「ですます」は敬体といい、文末に丁寧語をつける書き方です。まぁ一般的な敬語ですね。

僕のブログも「ですます調」で書いています。

始めた時に何も考えずに、自然にですます調で書き始めました。

ですます調で書いていると、まぁ無難な、普通のブログの印象を与えます。

ですます調で嫌悪感を感じる人もそうそういないでしょう。

でも無難でいいけど、ちょっとインパクトに欠ける、単調な文章になってしまうのが「ですます口調」最大のデメリットではないでしょうか。

【メリット】

・丁寧な印象を与える
・嫌悪感を感じる人はまずいない。

【デメリット】

・無難な印象で個性がない。

 

じゃあ「~だ。である。」のように強く言ったほうがいいのか?

ここからは口調を変えて記事を書いていくので、印象がどれだけ変わるか比較しながら読んでみて下さい。

「~だ。である」説得力を生む代わりに威圧感を与えてしまう

次に「~だ、~である」は「常体」と呼ばれる文体だ。

文末をズバッ!と言い切るので文に説得力が生まれ、権威性が出るというメリットがある。

しかしその反面、読み手によっては威圧感を感じてしまい、受け入れにくいという特徴もある。

これは専門的な内容のサイトが豊富な知識を元に書いていくのなら、非常に説得力があり、読み手もしっかり読もうという気になるだろう。

しかし薄っぺらい知識でこの常体を使うと途端に反感を買う形になってしまう。

もしこの分野は誰にも負けない!という知識と自信があるなら、大いに使ってほしい。

しかし、

「今日はおいしいタピオカミルクティーを飲みにきた。タピオカ、すなわちでんぷんを水で溶き加熱したものである。蛙の卵のような謎の物体をミルクティー、すなわち牛乳茶で流し込むと、得も言われぬ快感がある。そしてこれがまたインスタ映えするのである。マジ卍。」

このように日記のような記事にこの文体はおかしい。

いや逆にこれはこれでキャラが立っていいのかもしれないが…

しかしこの文を読んだ人の脳内ではちびまる子ちゃんのナレーターで再生されるので、やめた方が無難である。

後半へ続く

【メリット】

・記事に説得力が生まれ、信頼性が増す。
・権威性が出やすい

【デメリット】

・読者によって威圧感を感じてしまう
・中途半端な知識では薄っぺらくなってしまう
・ちびまる子ちゃんっぽくなる

「口語」親しみやすさの反面、軽い印象を持たれることも

チョリ―ーーーッス!!

ここだけの話さ、口語っつーのは親しみやすさがあんのよ。

読み手が友達と話してる感覚ってあるじゃん?家にいる感じっつーの?

なんつってもそれが一番のメリットだね。あ、メリットっつってもシャンプーじゃねぇぜ?よろしく!

そんでさ、こんな喋り方してるとキャラは立つじゃん?インパクトありありじゃん?

だから読み手の印象には残んのよ。でも同時に軽い印象も持たれちゃうの。

キビシー!!

例えばさ、なんか病気を調べたとすんじゃん?

その人は超困ってるわけよ。自分がその病気なんじゃないかってさ。心配で夜も6時間くらいしか寝れないわけよ。

充分寝てる~♪ フゥ~↑↑

そんでさ、やっとたどり着いたサイトがさ

「どぉ~もでぇ~す!え、具合悪いの?風邪じゃん?超風邪じゃんそれ?お薬だしときマスカルポーネ!」

とかだったら誰もみないじゃん?

こういう真面目な情報が知りたいときは、さっきの「だ、である」が効いてくんのよ。

強く、説得力のある意見を読み手は欲してるってことだね。

だからさ、この口語を使っちゃうな奴は、超おもしろい記事を書けるブロガーだよね。

それかキャラクターがはっきりしちゃってる人。それならみんな受け入れてくれんのよ。

そういうわけでこの「口語」はブログのキャラクターがしっかりしてないと諸刃の剣になっちまうっつー話!

おわり!

【メリット】

・親しみやすさを感じてもらえる
・キャラクターが確立してファンがつきやすい

【デメリット】

・専門的な記事でも軽い印象を持たれるかも?
・オリラジ感が出ちゃう

スポンサーリンク

まとめ 結局ブログの口調はどれがいいの?

ブログの口調まとめ

なんだか後半は何書いてるのか自分でもわからなくなりましたが(笑)

結局、書く内容に合わせて文体を変えていくのが一番いいんですが、それだとどうしても読んでる人は違和感を感じてしまいますよね。

特に何度も読みに来てくれるユーザーは毎回変わる口調に嫌気が差してきます(笑)

そうなると、最初に自分が決めたブログのテーマで固定してしまうのが一番いいかもしれません。

・専門的・学術的な内容のブログなら「だ、である調」の常体
・日記や愚痴、おもしろ系ブログなら「口語」
・そのほかの雑記や趣味、一般的なブログなどは「です、ます」の敬体

僕のブログはなんでもありの雑記ですので「ですます」が一番無難な気がします。

ただ単調になりすぎないように気を付ける必要がありますね。

僕が目指すところの口調は「仲の良い先輩と話す感じ」なんです。

この仲が良いってところがポイントで、普通の先輩なら「ですます」の敬体が当たり前ですよね。

でも仲のいい先輩だともう少し砕けた感じの敬語、なんというか時々タメ口を挟みながらも要所、要所は敬語で締める、みたいな感じなんですが伝わりますかね?

そんな感じで「口語」と「敬体」をうまく織り交ぜながら、フレンドリーだけど馴れ馴れしくない感じを出したいんですが、これがなかなか難しいです。

結局はジャンルと明らかに違う口調を使わなければ、もうなんでもいいんじゃないかと(笑)

書き手がどんなに気を付けても、受け取るのは読み手だし、自分の意図せぬ受け取り方をされるときもあるじゃないですか。

だったら自分の好きなように書いちゃえと。

文を書く時に、普段言い慣れない言葉を書いていくのは疲れますよね。

自分が疲れないよう、なるべく普段の自分の言い回しに近い書き方をした方がいいと思います。

書くのが辛くてブログをやめちゃったら本末転倒ですもんね。

最後に結局どれがいいんだ?という答えですが、いろいろ偉そうに語ってきて申し訳ないですが、最後は皆さんの好みじゃないかと…(笑)

言いやすい言葉、書きやすい言葉、なおかつブログテーマとかけ離れた口調でなければなんでもいいと思います。

だってブログは自分を表現する場ですもん♪

「この記事を読んだ時間を返してくれと思うまる子なのであった。」

おわり!

ブログの口調何がいい ですます
最新情報をチェックしよう!